コラム|住吉区JR我孫子町(あびこ)駅前で歯科をお探しの方はうめやま歯科まで

うめやま歯科

うめやま歯科

06-6691-3403

休診日:水曜午前・土曜午後・日曜・祝日

コラム
コラム

歯医者が苦手な方の味方「笑気麻酔」

皆さん、こんにちは。
阪和線「我孫子町駅」駅前のうめやま歯科です。

歯医者に行くのが本当につらい。
このような方には、「がんばって」「大丈夫」などの言葉はかえって酷かもしれませんよね。

当院では、歯科治療に対して強い恐怖や緊張を感じてしまう患者さんには、「笑気麻酔」を使った治療を行っています。

笑気麻酔には気持ちがリラックスする「鎮静効果」と、痛みを感じにくくなる「鎮痛効果」があります。

歯医者が苦手な方の強い味方になってくれますので、詳しくご紹介しましょう。

 

笑気麻酔とは

笑気麻酔とは、意識を保ったままリラックスして治療を受けていただける麻酔法です。
「麻酔」といっても、鼻から「笑気ガス」を吸い込むだけなので、注射嫌いの方もご安心ください。

笑気ガスは正式には「亜酸化窒素(N2O)」という気体で、吸い込むとほのかに甘い香りがします。

約30%の低濃度笑気と、約70%の高濃度酸素を混ぜて使用し、治療後は体外にすぐに排出されるため、副作用などの心配もほとんどありません。

小さなお子さんから、持病のある方まで安心してご使用いただけます。

また、保険が適用されますので、一般的な治療ならば1000円以内で済み、コスト面でも負担の少ない治療法です。

 

笑気麻酔が向いている方

これまで、辛さを我慢するしかないと思っていた次のような方も、遠慮なく笑気麻酔を希望とお伝えください。

・痛みが苦手な方
・麻酔注射が苦手な方
・歯科治療がとにかく怖い方
・口の中に異物が入ると吐き気を感じやすい方(嘔吐反射のある方)
・歯科治療にトラウマのある方
・恐怖心の強いお子さん
・長時間座っていることが苦痛で仕方ない方
・高血圧や不整脈などの持病がある方

笑気麻酔は歯科治療に対するストレスから血圧や心拍数が上がってしまうのを防いで、持病のある方への負担も軽減してくれます。

 

当院の笑気麻酔の流れ

①笑気ガスを吸入するため、専用のマスクを鼻に装着します。

②最初は酸素だけを吸入していただき、徐々に笑気の濃度を上げていきます。
患者さんの状態を見ながら、笑気の濃度を調整します。

③効果が現れるのを5分ほど待ちます。
手足がポカポカしたり、ほろ酔いのような気分になったりして、気持ちが落ち着いてきます。
意識がなくなることはありませんので、ご安心ください。

④効果が確認できたら、治療を開始します。
治療で局所麻酔を使う場合も、笑気麻酔の鎮痛効果のおかげで注射の痛みはほとんどありません。

④治療が終了したらマスクを外します。自然な呼吸で、笑気が体外に排出されます。患者さんの状態によっては、100%の酸素を吸っていただく場合もあります。

⑤数分ほどお休みいただき、ふらつきや異常がなければお帰りいただけます。

「笑気麻酔」はアメリカの歯科では非常にポピュラーですが、日本の歯科医院ではコストや手間の問題から、あまり導入されていないのが実態です。
しかし当院では「笑気麻酔」だけでなく、患者さんがなるべく恐怖や緊張を感じないように、「これからどんな治療をするのか」「痛みはあるのか」といったご説明にも力を入れています。

皆さんに安心していただける歯科治療をめざしておりますので、お口のお悩みは当院までお気軽にご相談ください。