コラム|住吉区JR我孫子町(あびこ)駅前で歯科をお探しの方はうめやま歯科まで

うめやま歯科

うめやま歯科

06-6691-3403

休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

コラム
コラム

妊娠中は歯周病のリスクが高くなる?

皆さんこんにちは。

うめやま歯科です。

歯周病というのは、多くの日本人がかかっている病気ですが、とりわけ「妊婦さんの発症リスクが高い」のをご存知でしょうか?

歯周病は「高齢の人がかかるもの」と思い込んでいると大きなトラブルに巻き込まれるので注意が必要です。

今回はそんな「妊娠中における歯周病のリスク」についてわかりやすく解説します。

 

妊娠中は歯磨きが不十分になる

今現在、妊娠している方や過去に妊娠を経験した方であればよくわかるかと思いますが、つわりがひどいと「歯磨きすら億劫」になりますよね。

歯磨きの臭いで吐き気を催したり、歯ブラシによる刺激で気持ち悪くなったりするため、どうしてもブラッシングが不十分になりがちです。

その結果、お口の中が不潔となり、歯周病のリスクも上昇するのです。

 

女性ホルモンの増加が歯周病菌を活発にする

妊娠中は、ホルモンのバランスに大きな乱れが生じます。

その中でも「エストロゲンの分泌が増加する」ことは、歯周病のリスク上昇にもつながります。

これはある種の歯周病菌が「エストロゲンをエサとして」生命活動を活発にするからです。

つまり、妊婦さんのお口の中というのは、歯周病菌にとって非常に活動しやすい場所となることから、歯周病の発症リスクも高まるのです。

 

妊娠中も歯科を受診して大丈夫なの?

お腹の赤ちゃんのことを考えると、妊婦さんはあまり刺激やストレスを受けない方が良いといえます。

例えば、「抜歯」のような侵襲性の高い歯科治療は、できれば妊娠前、あるいは出産後に行う方が望ましいです。

一方、歯周病を調べる検査や歯周病の基本的な治療であれば、「妊娠の安定期」に受けることができます。

 

まとめ

このように、妊婦さんは妊娠前よりも歯周病のリスクが明らかに上がっていますので注意しましょう。

当院であれば、妊婦さんの歯科検診なども行っておりますので、何か不安がある方はいつでもお気軽にご連絡ください。

安全な形で診療いたします。