コラム|住吉区JR我孫子町(あびこ)駅前で歯科をお探しの方はうめやま歯科まで

うめやま歯科

うめやま歯科

06-6691-3403

休診日:水曜午前・土曜午後・日曜・祝日

コラム
コラム

むし歯を重症化させることのリスク

皆さんこんにちは。

うめやま歯科です。

むし歯は、「痛みが出てから歯医者に行く」という人も少なくないかと思います。

確かに、風邪を引いても、熱や咳など強い症状が現れなければ、わざわざ内科を受診することもありませんよね。

けれども、むし歯は「一般的な病気とは少し異なる」ということを知っておいてください。

今回はそんなむし歯を放置して重症化させることのリスクをわかりやすく解説します。

 

痛みが出てからではもう遅い?

歯医者さんが苦手な人というのは、我慢できないほどの痛みが生じてから、歯科医院を訪れることでしょう。

いわゆる「自発痛(じはつつう)」が生じているわけですが、実はその段階ではもうかなりむし歯が進行しているといえます。

自発的に強い歯痛が生じているということは、「歯の神経がむし歯菌に侵されている」ことを意味するからです。

そうなったらもう神経を抜く処置である「抜髄(ばつずい)」を行わざるを得ません。

治療によって失う歯質の量も極めて多くなります。

 

抜髄すると歯はもろくなる?

歯の中心部には、「歯髄(しずい)」と呼ばれる歯の神経および血管が分布しています。

その歯髄を抜き取る処置を抜髄といいます。

抜髄すると、「歯は神経や血管を失う」こととなり、歯の寿命そのものが短くなるといわれています。

歯の神経を抜いた後は、コアを入れたり、被せ物を装着したりするなど、さまざまな材料で補う必要もあることから、明らかに治療前より弱くなってしまうのです。

そういう意味でもむし歯は重症化する前に治療するのが一番といえます。

むし歯がさらに進行したり、歯の根の治療が失敗したりすると、「最終的には歯そのものを失う」こととなります。

 

まとめ

このように、むし歯を重症化させると、大半や歯質や歯の神経だけではなく、歯そのものを失うことになりますので十分注意しましょう。

つまり、むし歯は予防、あるいは早期発見・早期治療を最優先することが求められるのです。