コラム|住吉区JR我孫子町(あびこ)駅前で歯科をお探しの方はうめやま歯科まで

うめやま歯科

うめやま歯科

06-6691-3403

休診日:水曜午前・土曜午後・日曜・祝日

コラム
コラム

むし歯が疑われる症状とは?

皆さんこんにちは。

うめやま歯科です。

むし歯というのは、単純な「歯痛」だけが現れる病気ではありません。

実は、進行度のよってさまざまな症状が現れる病気なので、それを知っておくと早期にむし歯を発見することも可能とがなります。

そこで今回は、「むし歯が疑われる症状」についてわかりやすく解説します。

 

歯が痛い

冷たいものを飲むことで「歯がしみる」「歯が痛い」などの症状が現れる場合は、むし歯が疑われます。

場合によってはむし歯ではなく「象牙質知覚過敏症」の可能性もありますので、まずは歯科医院で精査する必要があります。

痛みなどの具体的な症状が認められる以上、歯に何らかの異常が生じている可能性が高いです。

 

歯の表面に穴があいている

歯の表面に穴があいている場合は、ほぼ間違いくむし歯を発症しているといえます。

歯の表面を覆っているエナメル質は、人体で最も硬い組織ですが、「酸に対しては弱い」性質を持っています。

ですから、歯の表面の欠損は、むし歯菌の仕業と考えるのが一般的です。

 

歯の表面の白いシミは?

むし歯の初期の段階では、歯の表面にシミのような異常が認められることがあります。

専門的には「白濁(はくだく)」とか「白斑(はくはん)」と呼ばれる異常で、「初期う蝕」に見られる独特の症状といえます。

この段階ではまだ歯の表面に穴があいていないので、積極的に削る必要はありません。

フッ素を塗布して「歯の再石灰化を促す」ことで、むし歯の進行を止めることができます。

適切なブラッシング法を実践すれば、その状態をいつまでも保つことも可能です。

 

まとめ

このように、むし歯が疑われる症状は進行度によって異なります。

初期のむし歯の段階で発見できれば、歯を削る必要もなくなりますので、定期検診などを積極的に受けるようにしましょう。

もちろん、フッ素塗布やブラッシング指導を受けて、むし歯そのものを予防するのが最善といえます。

当院であればそのお手伝いができるかと思います。