コラム|住吉区JR我孫子町(あびこ)駅前で歯科をお探しの方はうめやま歯科まで

うめやま歯科

うめやま歯科

06-6691-3403

休診日:水曜午前・土曜午後・日曜・祝日

コラム
コラム

お子さまの歯の異常は小児歯科へ

歯医者さんには、それぞれ専門分野というものがあります。むし歯や歯周病の治療は、一般歯科で十分ですが、子どもの歯の治療となると、それなりに専門的知識が必要となってくるからです。当院の院長は、6年間小児歯科専門の歯科医院で診療を行ってまいりましたので、お子さまの治療も安心して任せることができますよ。
 

子どもの歯科治療は大人と違う?

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭ならおわかりいただけるかと思いますが、子どもと大人では、お口の中が全然違いますよね。歯の本数が違うのはもちろん、そもそも乳歯と永久歯とでは、歯そのものに大きな違いがあります。ですから、自ずと歯科治療の方法も変わってくるのです。
 

永久歯に悪影響を及ぼさないことが大切

子どもの歯科治療を行う上で、第一に考えるべきなのは、後々生えてくる永久歯への影響です。乳歯のむし歯を放置すると、その歯がボロボロになるだけではなく、下に控えている永久歯にまでダメージを与えることがあるのです。そのため、次に生えてくる永久歯を優先して、むし歯にかかった乳歯を抜いてしまうことも珍しくないのです。
 

お子さまの将来を見据えた歯科治療

当院では、今あるむし歯を治すだけではなく、これから先、むし歯にかからないような歯科治療を実施しております。それぞれのお子さまにぴったりの予防プログラムを組み、むし歯菌に負けない強い歯を作りあげていきましょう。きれいな歯並びになるように、顎の発育もきちんと見守っていきます。
 

まとめ

このように、子どもの歯はいろいろな面において永久歯と異なることから、自ずと治療法も大人と変わってきます。そうした判断は小児歯科の診療経験が豊富でなければ、なかなか難しいものです。その点、当院であれば小児歯科治療が得意な院長が診療に当たりますので、最善といえる治療法を選択しやすくなっています。ですから、お子さまのお口の異常でお困りなら、いつでもうめやま歯科までご相談ください。